スタッフブログ

インフルエンザにかかってみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは! カツオです。

6月の頭にインフルエンザにかかったので詳しく紹介したいと思います!

体調悪化

6月2日は朝から体がだるかったのですが(その日の朝に撮った写真はこちら→http://news.hamuguesthouse.com/staff-blog/hamu-3-233.html)、「バカは風邪をひかない」と思い午前中の仕事終わらせ、結局昼頃には横になってないとダメなほどの倦怠感に襲われて、部屋に戻り夜まで寝ていました。

夜眼が覚めると発熱、筋肉痛、関節痛、悪寒がしんどく「これは普通の風邪じゃないな」と思い、翌日に病院に行くことを決め、クレジットカードの保険があったので、クレジットカード会社に電話してみました。病状を伝えると、すぐに折り返しの電話があり近くの病院を紹介してくれました。

翌日

紹介された病院に一人でタクシーで向かい(保険でタクシー代は出ます)受付を済まし診察を受けていると、無言で突然鼻に長い綿棒を突っ込まれました。30分待てと言われ、診断結果を待っていると、「A型インフルエンザだね〜」って言われて安心しました。なぜかというと、台湾にいるネッタイシマカはデングウイルスを持っている場合があり、刺されるとデング熱になるため得体の知れている病気のインフルエンザの方が安心だったからです。

ちなみに、台南の病院には日本語を喋れる人が恐らくいません。台北、台中、高雄の病院には日本語を喋れる人がいるらしいです。

自分は全く中国語が分かりませんが、少しだけ英語を喋れたので台南の病院に行きました。しかし受付のお姉さんは何言ってるか分からず、診察室のお医者さんは、さすが英語をかなり流暢に話してくれました。(台湾のお医者さんはアメリカに勉強しに行くらしいです)

費用

病院でかかった費用は薬代も含めて合計で1675元でした。(日本円で6000円ちょい)

全額自己負担でこの金額なので、かなり安いと思います。

処方された薬はタミフルなど日本で使われている薬で、決められた時間にちゃんと飲んでたら3日くらいで症状は治まりました。

僕が行った病院はクレジットカード払いができなかったので日本帰国後に請求するのですが、キャッシュレスで済む病院だとクレジットカード一枚で病院にタダで行けるそうです。

 

カツオ

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサーリンク