スタッフブログ

台湾ではバラマンディという魚が釣れるんですが、久しぶりにその釣りを楽しんで来ました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ニーハオ^ ^

台南のゲストハウス『はむ家』の遊び人「はむ」です!!

昨年の暮れからバタバタといろいろやらかしていたので、すっかり忘れてしまっていたのですが、ゲストからの「私を釣りに連れてって〜」というメールが届き、すっかり「私は釣りキチ!」ということを思い出してしまったわけで、そうなるとやっぱり喜んで「行きましょう!」という返信をしてしまっていたのでありました( ^∀^)

 

台湾の台南のもっと南の方に日本では釣れないバラマンディを釣って楽しめるところがある!

 

ということで、最近の3日間、その釣行にまつわる楽しい?エピソードがあったので、ぜひご紹介したいと思いまーす!

 

スポンサーリンク




まずは久しぶりってことで下見に行ってみた

ゲストと行きからには下手うちはできない!思いっきり楽しんでもらいたい!ということで、久しぶりということもあって釣り場の状況を確認しに行くことに〜

釣り場は海や川ではなく釣り堀です。釣り堀とは言っても、養殖場の池をそのまま解放している感じで、大物がつれるんですよ!

そこは台南よりもっと南にあって、クルマに乗って1時間ぐらい。途中クルマにトラブルがあったりしたら、せっかくの釣行が台無しになってしまいます。

釣行の2日前に下見!

釣行の前日にクルマの点検!

という段取りを組みました^ ^

 

さて!2日前の下見!!

ついでに釣りを楽しんでやろうと企み、クルマに乗って釣り場へ。

高速道路に乗りお魚の顔を思い浮かべニヤニヤしながら走っていたのですが、もうそろそろ高速道路を降りようか〜というところで!

エアコンがぬるい・・・。

水温計が目一杯上がってる・・・。

バッテリーランプが点灯してる・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

これは間違いなく異常だぁーーー!!

 

スピードを落とし、恐る恐る走り、高速を降り、路肩にクルマを止めてボンネットを開けてみると、オイルネーターのベルトが無い・・・。

やばい!!

このまま台南へ引き返そうと思ったが、しれはとても危険な行為だ!!

修理工場を探すにもここは知らない土地だ。そして中国語も下手くそ。そして手持ちのお金が乏しいーーー!!

なんとも八方塞がりな状況をなんとかするには!!

ということで、とりあえず釣り場の親方にSOS・・・

修理屋を呼んでもらって、クルマを持っていてもらって(いくらかかるかドキドキしながら…)、3時間ぐらいかかるっていうので、仕方なく釣り( ^∀^)

でも・・・全く釣れず・・・3時間経ったし、その辺で途方に暮れていたら、何やら日本人らしき夫婦が登場。

話を聞いてみると、旦那さんが高雄に赴任してて、奥さんも近々越して来るとのこと。

「あーやっぱり日本人がいると安心しますねー」

とか

「よくここを見つけられましたねー」

とか言って話していると、旦那さんは最近高雄にできた「餃子の王将」の店長さん^_^

これはいい人と知り合いになれた!と思い、早速名刺を催促して「今度、食べに行きます!」を連発!!

楽しいひと時が過ごせたと喜んでいたら、クルマが帰って来た〜

 

はむ「いくら?」

修理の人「1200元」

はむ「手持ちがありません」

修理の人「・・・」

はむ「カードあります」(この手の店はカードが使えないことが多い)

修理の人「大丈夫よ」

はむ「jdchjdfyれhf間scdヴァwdhc」(大喜び)

 

無事に決済して「あー」と安堵して脱力していると、

 

修理の人「左側の車輪のベアリング壊れてるから危険よ」

はむ「・・・・・・・」

 

またまた恐る恐る運転して台南へ帰るのであった・・・(T ^ T)

 

次の日は朝から修理屋へ駆け込んだ件

もしかしたら明日の釣行はダメになるかもしれない・・・。

ゲストのメールを思い出す。メールを見るだけでも釣りが楽しみでルンルンしてた。

あーやばい!!

ここはやれるだけのことはやろう!と決心して、朝早くから修理屋の迷惑も顧みず駆け込んだ!!

 

はむ「今日直る?」

修理の人「18時ごろには直るよー」

 

あーよかった。

修理の人が神に見えたのはいうまでも無い。

 

修理の人「6300元かかるから」

 

おーーーー大出費だーーーーーーー・・・。

 

18時まではかなり時間がある。待っているわけにはいかないので、後ろに積んで来た自転車で帰ることに。

今までバイクばかり乗っていて、自転車に乗ったことはほとんどない。

 

でも、自転車に乗ることの楽しみを、この後の10キロ走行で覚えることになってしまった。

ちょうどバイクも壊れてどうしようかと思っていた今日この頃、しばらく自転車で過ごすことにしようと思った「49歳の夏」なのであった・・・。

 

さて!本番だ!!

 

相変わらず渋い状況ではあったが、ゲストには満足してもらえたようで^ ^

 

なんとなく成功です( ´ ▽ ` )

 

この数日間の動きで私は真っ黒になってしまいましたが・・・

 

それではまた次回〜

 

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサーリンク